仲介手数料無料の秘密

『仲介手数料』と『広告料』

今までの賃貸業界は不動産契約の名のもとに、異常に高い利益をのせた価格設定を行ってきました。
まずそれは、「仲介手数料」です。

これはお客様から私たち仲介業者がいただく手数料です。
さらに契約成立時にはオーナーさんから「広告料」といわれるものもいただきます。
「広告料」または「業務委託料」という名目で、仲介業者が契約成立した報酬としてオーナーさんからいただくお金です。

「仲介手数料」「広告料」ともに通常家賃の1か月を目安にいただきます。
つまり従来の仲介業者は2か月分の報酬を手に入れることができるのです。

そんなに高額な報酬を頂くにも関わらずそういう業者の営業マンはだらしない、知識はない、
自分の利益だけを考え駆け引きをするというお客様本位でない接客をしているのが現状です。

今までの賃貸業界ではお客様の費用をいかにつり上げるかに終始してきました。
そこに従事する営業マンもそれが営業であるという間違った解釈をしていた業界であったことは間違いありません。

また、貸し手優位であるという昔の時代に暴利をむさぼり続けたオーナーさんも多いのが現状でした。

その結果として、不動産屋というイメージはいたく傷つきお客様本位でない業種の代名詞のようになってしまっています。
私たちは安いのではなく、ただ正直に適正な価格をご提供しているだけに過ぎないことをご理解ください。

普通の街の不動産屋はこんな感じです・・・

smanga-1

最近では大手でも全物件仲介手数料は家賃の半額という業者も多くなってきています。
これはお客様にとっても良いサービスといえます。

smanga-2

仲介手数料半額をうたっている業者はオーナーさん側からいただく「広告料」で1か月分の利益をまかなっています。

自分の利益を半分削ったとしても、この業者の利益は1.5か月分にもなります。

そこで、スマ部屋ではこういったケースの物件では仲介手数料を0円にいたしますことをここに宣言します。

smanga-3

しかし全てのオーナー様が『広告料』をだしてくれるとは限りません。

昔ながらの強欲なオーナーさんも多いのが現状です。
そういうわけなので全物件仲介手数料半額という業者の物件には「広告料」がもらえない物件は含まれていません。

しかもこの「広告料」がもらえない物件は東京都港区の場合ではかなりの割合を占めています。
ですので、そういった業者は私たち「スマ部屋」と違い物件数が異常に少ないのです。
少ない物件数をごまかすために実際には空いていない物件をエサにお客様に来店を促します。
そして「広告料」がもらえる物件を強引に契約させるという営業が日常茶飯事です。

smanga-4

私たち「スマ部屋」はこのような理不尽が起こらないように世の中にある全ての空き物件をご案内します。

実際、いい物件はオーナーさんも自信があり「広告料」がいただけないことも多いのです。

さらに「広告料」がもらえない物件でもお客様から「仲介手数料」を頂いてしまうかわりに
仲介手数料は一律半額にさせていただくことをここに宣言いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加